40代未経験の薬剤師の転職について

40代薬剤師の転職注意点は?

40代の薬剤師さんであれば、
薬剤師免許を取得して20年が経過しようとしている年代だと思います。

 

調剤未経験が20年となると、
転職には多くの不安や心配が出てくるのではないでしょうか。

 

40代の薬剤師が調剤未経験で復帰しようと考える場合いろいろなケースがあると思います。

 

  • 子育てが落ち着いたので、薬剤師として仕事に復帰したい
  • 離婚したので働かないといけなくなった
  • 薬剤師としてスキルアップしたい
  • 家庭の都合で転勤や収入の必要性ができた
  • 今の職場にやりがいを感じられなくなった

 

 

ひとことに40代の調剤未経験薬剤師の転職と言っても、
それぞれの転職理由やライフスタイルによって
目指す薬剤師の方向性が異なると思います。

 

それぞれのケースでの転職事情について紹介していきます、

 

 

40代薬剤師の調剤未経験の転職

 

家庭や子育てと両立して薬剤師として働き始める

40代の未経験薬剤師で多いのが、
子供がある程度大きくなり手が離れたので薬剤師として
仕事を始めるというケースです。

 

40代薬剤師で調剤未経験ということは、20年近くのブランクがあることでしょう。
家庭と仕事の両立が前提ですので、
忙しい職場に転職し家庭を犠牲にするような働き方はおすすめできません。

 

 

あまりにも仕事の負担が大きいと長く続けていくことが難しく、
また家庭を犠牲にしてしまっては
何のために働いていいるのかわからなくなってしまいます。

 

 

女性の場合、仕事と育児・家庭との両立はとても悩ましい問題です。

 

それぞれ事情が違うため、「絶対的な正解」はありません。
まずは各自の無理のない程度でスタートしてみるのがおすすめです。

 

 

開業医やクリニックなどマンツーマン調剤薬局
眼科、皮膚科、整形外科、耳鼻科などの単科の処方を中心に扱う調剤薬局
まずはパートやアルバイト、派遣など無理のない範囲の勤務からスタート

 

 

薬剤師であれば、40代未経験でもパート勤務や家に近い職場など
融通がつきやすいので、自分の理想のライフスタイルを考えておくようにしましょう。

 

 

薬剤師としてキャリア築いていく

調剤未経験の薬剤師が、医療人の薬剤師としてキャリアを目指すには
40代が最後のチャンスです。

 

65歳まで働くと考えた場合、大学卒業からちょうど折り返し地点となる40代は
人生設計において色々悩む時期かもしれません。

 

このまま調剤を経験せず働くのか、
薬剤師として調剤のキャリアを目指すのか方向性の分岐点です。

 

医療人としてのやりがいを求めるなら病院への転職という選択肢もあります。

 

調剤業務のスキルを高めたいなら、
総合病院の門前薬局で総合科目を経験するということも可能です。

 

あるいは、調剤経験は積みたいけれど、
ゆっくり働きたいという人はクリニックや医院の門前薬局で働くのもひとつです。

 

将来、どんな薬剤師になりたいのか目指す薬剤師像を考えてみる
進む方向性が見えてくるのではないでしょうか。

 

 

今の職場を辞めたいので、新しい環境へ転職

調剤業務以外で働いている薬剤師の多くは、
ドラッグストアか製薬会社などの企業で勤務していると思います。

 

40代になると責任ある立場を任されるようになり、
会社と部下の板挟みになり悩みが多くなる年代です。

 

毎日の通勤も憂鬱になり、
「いっそのこと新しい職場に転職してみようかな?」
ふと思いがよぎることもあるのではないでしょうか。

 

 

定年までのあと20年近く辛い毎日を送るのであれば、
新しい可能性にチャレンジしてみることも可能です。

 

新しい環境や目標ができ人生にやりがいや充実感があると
ある程度の困難は乗り越えられる
ものです。
今の職場ではきっと得られない充実感を得られると思います。

 

一度きりの人生ですから、色んな経験をして後悔のない生き方をしたいですね。

 

⇒40代未経験薬剤師におすすめの薬剤師転職サイトはコチラ

 

 

40代未経験薬剤師の転職の注意点

 

40代薬剤師が未経験で転職する際は、
どういったことに気をつけなければいけないかをまとめました。

 

ライフスタイルに合わせた求人を選ぶ

40代は20代とは違い、家庭や子育てなどそれぞれ抱えるものが全然違うため、
働き方に正解はありません。

 

未経験で仕事を始めるのは、想像以上に精神的にも肉体的にも大変なものです。
収入が多ければ、それだけ家計も楽になりますが、
年収だけを追い求めると家庭のトラブルを抱える事になりかねません。

 

まずは、家庭、子育て、仕事の優先順位をつけることです。

 

何に重点を置くかバランスは違うでしょうから、しっかり考えておきましょう。

 

 

給料や条件面だけで選ばない

40代となると今の職場である程度の役職になり、
それなりの年収を稼いでいる人も多いと思います。

 

未経験での転職の場合、前職の経験が活かせない仕事であれば
年収アップはあまり期待しない方がいいでしょう。

 

未経験なのに、年収が良すぎる求人は
離職率の高いブラック企業である危険性も考えられます。

 

そのため、今の年収と同等以上の給料を求め、
年収だけに注目して転職すると失敗してしまうことが多くなります。

 

年収だけでなく、これからの人生薬剤師としてどのような仕事をしたいのか
やりがいや目指す薬剤師像などをあらかじめ考えておくことをおすすめします。

 

 

職場では謙虚な姿勢を心がける

40代の転職では、新しい職場で自分よりも年齢の若い薬剤師から
指導をしてもらうケースがほとんどです。

 

いくら人生経験があり、薬剤師としてのキャリアがあったとしても、
新しい職場では「新人」であることを忘れないようにしましょう。

 

前職でのキャリアにこだわっていては、
新しい職場でうまくやっていくことはできません。
一から教えてもらうくらいの気持ちで取り組むことが大切です。

 

 

本当に「40代未経験薬剤師がOK」かはわからない

転職サイトのホームページで
「未経験OK」という求人を探してみると検索結果には、
たくさんの求人が出てきます。

 

しかし、実際には未経験薬剤師が誰でもOKとは限らない
ということもあるので、注意が必要です。

 

企業側としては、「20代30代であれば未経験OKだけども40代は採用する気がない」
と言う場合でも、求人情報では年齢による制限ができないため
「未経験OK」との表示になっている可能性もあるのです。

 

製薬会社などの企業や急性期病院ではその傾向がとても高く、
基本的に40代未経験の受け入れはほぼ皆無です。

 

 

「求人情報」だけを見ていると、こういった可能性のない求人にも応募してしまいますので、あらかじめ薬剤師転職サイトのコンサルタントから情報収集をしておくことが必要です。

 

⇒40代未経験薬剤師におすすめの薬剤師転職サイトはコチラ

 

 

40代未経験薬剤師が転職するには

 

40代薬剤師が未経験で転職するには、
20代、30代とは違い、年齢的に不利にもなりますし、
それぞれが抱える環境により、求める方向性もバラバラです。

 

40代ならではの転職の難しさを乗り越えるためにも、
転職サイトのコンサルタントを味方につけることが重要です。

 

コンサルタントは、多くの薬剤師の相談を受け転職のサポートを経験しています。

 

40代は年齢や体力的な面では不利になりますが、
今までの経験が未経験のジャンルでも何か活かせることがあるかもしれません。

 

 

転職の専門家ならではのアドバイスは、きっと強い味方になるに違いありません。

 

転職サイトへの登録やコンサルタントとの相談はすべて無料ですので、
まずは相談してみることをおすすめします。

 

おすすめの転職サイトを紹介していますので、よければ参考にしてください。

 

 

未経験薬剤師におすすめ転職サイト

 

ファルマスタッフ

 

大手チェーン調剤グループ「日本調剤」が運営する薬剤師転職サイトです。
コンサルタントの熱心なヒアリングが好評で、口コミ評判が非常に高評価です。6万件以上の最大級の求人数を誇り、未経験でも「ファルマスタッフ」なら安心して紹介してもらえます。

 

ファルマスタッフへの無料登録はこちら